人気の銀行カードローン「無職の銀行カードローン」

銀行カードローンは無職の人に手を差し伸べるか?

一般的に無職は、社会的な信用が極めて低い状態になります。
この状態でお金を借りることができるのか疑問に思いますね。
ただし、今現在では、無職=収入がないという図式は成り立たない場合も多いのです。

 

例えばFXや株などの投資を行っている場合、働かなくても一定の収入が確保されるケースもあります。
この場合、無職でも銀行のカードローンの審査に通ることもあるのです。
また、すでに仕事をリタイヤされた方で今現在年金を受給されている場合も、この年金が収入として認められ、融資を受けられることもあります。
無職や学生、主婦、家事手伝いの場合で収入が全くないという場合には、審査に通ることも極めて厳しいといえます。

 

最近ではオークションで生計を立てている方もいます。
オークションで収入を得ている場合、無職というよりも自営業者としてとらえることもできますね。
この点についてはそれぞれの銀行によって判断も違ってくると思いますが、融資を受けたいという時には、オークションで定期的な収入があること、さらに自営業者としてアピールしてみるとよいでしょう。
銀行カードローンの審査では、職があるのかという点より、定期的な収入があるのかという点を重視されます。
無職であっても、一定の収入のあてがある場合、銀行から融資を受けることもできるのです。